短期ダイエットをうまくいかせるために重要な1つのポイント

短期ダイエットをうまくいかせるためには最初に期間を設定しておかなければなりません。

 

短期間で集中して痩せるとなると自分の欲望をうまくコントロールすることが重要になってきます。

 

食べたい!という欲求をうまく抑えて、痩せるためには自分自身にちょっと待ってね。

 

と、自分を納得させる理由が必要になります。

 

自分を納得させる理由がなければ、ストレスがたまってしまいダイエットを続けることはできません。

 

ダイエットは食事制限をして、その日数を決める

これを決めておくことで我慢のレベルをぐーっと抑えることができるようになるのです。

 

何も決めずに我慢をするのは、永遠の闇を感じてしまうことになるかもしれません。

 

ところが、日数を30日間と限定してやると途端にもう少しの日数だ!頑張ろう!と具体的にモチベーションを維持することができるのです。

 

やみくもに頑張る必要はありません。

 

30日間糖質を抑えた食事をするだけと決めればいいのです。

 

普段通りの生活スタイルを過ごしても構いません。あえて運動などを加える必要はありません。

 

食事制限だけでも十分なストレスはかかってきます。食べたいものを我慢するわけですから当然イライラもしてきます。

 

ただ、そこを過ごすことができるのは、あと数日の辛抱という希望があるからです。

 

期間が過ぎて食事を戻したら元に戻るのでは?

期間が過ぎてからすぐにがっつりと食べたら元に戻ってしまいます。

 

これは食事制限ですので、ある意味仕方がありません。

 

ただ一度痩せることによって、自分の中に痩せる喜びが芽生えてきます。

 

すると食べることに気を付けるという意識ができてくるのです。

 

今までなら大量に食べてしまっていたところでも、ちょっとやめておこうかという気持ちがでてきます。

 

そのきっかけがこの30日間という期限を決める方法なのです。

 

運動とか難しいことができないなら全く構いません。

 

運動が続かない場合は、食事制限を意識してみて下さい。