野菜を効果的に取り続ける方法なんてある?

肌若返りのため1日に必要な野菜の摂取量350gを確保するための戦略

肌の若返りを手に入れるためには、野菜中心の食事に切り替えていかなければなりませんが、1日に必要な野菜摂取量である350gなんてとても食べれるものじゃありません。

しかも、なるべくならドレッシングなどの油と糖質に頼ることなく、ココナッツオイルか天然塩だけで食べていきたいものです。

そんな350gを摂取する方法を考えていきたいと思います。

 

野菜ジュースは意外と危ない?

野菜ジュースについてはいろいろと疑わしき点があるという真実が隠されています。

 

というのは、野菜ジュースは生野菜をそのままジューサーをかけて提供されているわけではなく、日持ちするように一度加熱殺菌が加えられています。

野菜の産地はどこ!?

入っている野菜は書いているものの、その野菜がどこで生産されたものかまでは書かれてません。

 

野菜ジュースって基本的に安いですよね。ドラッグストアなんかにいけば1本900mlサイズを150円ほどで購入できてしまいます。

 

その販売価格を日本国産のきっちり農薬基準が守られた野菜で作られているかは正直疑問ですよね。

明記していないということは、中国であったり、その他東南アジアであったり、野菜の安い国から輸入してそれを加工しているということを意味しているわけです。

昨今、腐った肉を加工して使っていたことで売上がガタ落ちになってしまった、マクドナルドは記憶に新しいところですが、生産食品に対しては基準は厳しいものの、加工食品に対してはまだまだ品質表示基準が甘いのが今の日本の現状でもあります。

 

野菜ジュースは大量の砂糖が入っている

野菜には糖質がたっぷりと含まれています。

野菜ジュースはいわゆる健康飲料とは違い、砂糖が添加されたジュースです。

砂糖は血糖値の上昇を引き起こして、老化の原因であるAGEが生み出されます。

AGEが体にとどまることで、細胞を劣化させてしまい、老化現象を引き起こします。

 

野菜ジュースは結局のところ身体にいいの?

野菜ジュースは美味しいから飲むという人もいると思いますが、甘い飲み物が好きなら野菜ジュースでなくてもいいですよね。

 

やはり、健康要素があるからこそ野菜ジュースを飲むという人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、前述したように野菜ジュースは糖質が非常に多いのでビタミンなどの栄養素よりも細胞にダメージを与えてしまいかねません。

 

身体にいいものだと思い込んで飲むのは、大きな誤解かもしれません。